ナリス化粧品 新潟『SAKURA咲く』

新しい恋愛がしにくい2つの原因とは??

新しい恋愛がしにくい2つの原因とは??

ブログへのご訪問ありがとうございます!
新潟を中心に女性を綺麗に、そしてもっともっと輝いて頂くための活動をしております美容プロデューサー【SAKURA咲く】の中村 千夏と申します♪
内面からも外側からもキラキラ美しくなれるSAKURA咲くであなたの美しさを最大限に引き出してみませんか?
美しさ咲き誇る【SAKURA咲く】のホームページはこちらです
↑↑↑
初めまして特典「最新コスメサンプル」プレゼントはこちらをクリック♪




こんにちは(^^)
あなたの美しさを最大限に引き出す!

美容プロデューサーの中村千夏です。


もうすぐ春なので、今日のブログは恋愛について🌹

パートナーを見つけて恋愛をして幸せになりたいけど…
最近、全然恋ができないんですけど!!

という女性に贈るブログです。


本人がしたくない場合は例外として、本当は恋愛をしたい!
と思っているのだけれどなかなか、恋まで発展しない…

そんな女性のためのブログとなります。

前者の方は例外となりますので、ここまでということで(;^_^A


出会いを拒んでいるわけでもないし恋がしたくないわけでもない…
でも、なんでか最近、全然恋ができない…

周りには、理想が高いとか言われるけれど自分的には決してそういうワケでもないんだけれど…。

30代を過ぎた辺りから『結婚』という二文字が頭をよぎり、なかなか『恋愛』にフォーカスができなくなっている気がする……そんな方。

全然、ご自身を責める必要はなくこんな解釈もあるのです、という話☝️


実は、脳科学的な見解からすると、恋愛ができない理由には2つあるそうです。

1つは、脳がブレーキをかけているということ。

普通は、気になる相手がいたら恋をするのが生物的には自然な流れといっていいでしょう。

ただ、そうならないのは、あなたの脳がブレーキをかけているからかもしれないのです。


いや、恋愛したいと思っているのにそれはないでしょう!!

でも、実は脳内ではこんなことが起きているかも☝️

そのブレーキの働きを担うのは、脳の前頭葉にある『DLPFC(背外側前頭前野)』と呼ばれる部分。

まぁ、そんな小難しいワードはよしとして…

じゃあ、実際にこの部分が何をしてくれているかというと…

論理性・計画性・合理性などを司り、『知能』の部分に影響すると言われています。

つまり、『知能』が高い人ほどこの部分が働きやすいということ。


この『DLPFC(背外側前頭前野)』の働きが過剰になりすぎるとどうなるかというと…

『この人は、本当に誠実なのか?』
『本当は私のことを好きでないかも?』
『外見は素敵だけど、将来性は大丈夫??』
『この見た目では友人に紹介するのはちょっと…』

という論理性・計画性・合理性が働きすぎて…

本当はその人が気になっているものの、愛情を感じてはいるものの、その気持ちを否定してしまうという結果につながるのです。

もちろん、冷静に判断をすることは大事ですしそういった判断が悪いわけではありません☝️

ただ、もしかしたら、結果的に出会いを逃しているかもしれないということ。


結婚相手を探す方にもいらっしゃることがありますが、恋愛という感情からではなく、『条件』の方で結婚相手を選ぶということにもつながっているのではないかと思います。

『条件』で相手を選ぶことを否定はしませんが、何より自分が幸せになれるか? 心が満たされるか? という部分が重要。

論理性・計画性・合理性、どれも大切ですが、一番は自分の『愛情』という感情を優先していただきたいところ。

条件で恋愛はなかなかできませんよね?


ただ、『条件』という選択でも満たされるのであればこの上ないですし、実際に幸せになっていらっしゃる方もいると思いますので、それは、もう、本人の直観や選択力!! ですね😊

後程も出てきますが、何より、女性はベストパートナーを選ぶ能力が備わっている訳ですし😍


もう一つは、『ドーパミン』による影響です。

良く聞くホルモンの一種で、快楽物質とも呼ばれています。

このドーパミン。
恋愛などの行動を起こすときにも大きな原因となります。

このドーパミンが分泌されることで、快楽や幸福感というものが得られるのです。


ただ!!
日本人の場合、多くの人が脳内の構造上でのドーパミン必要量が少ないため、他の国の人と比べて比較的『熱しにくく冷めにくい』という脳の状態にあるということ。

つまり、恋愛しにくい国民性とも言えるのです。


逆の構造の『熱しやすく冷めやすい』タイプは日本人には1%程度しかいないとのこと。

ただ、いい点としては、『冷めにくい』という点ですよね🎵

このことから、日本人って、恋愛体質ではないけれど結婚体質である国民性なのかもしれない…

そんな風に思います(^^)

この上、前者の『DLPFC(背外側前頭前野)』が活性化していて、論理性・計画性・合理性が高い人は、恋人との関係や結婚生活を長く過ごすことができることにつながりますよね(^^)b

ちなみに、ドーパミンは『好きなことを妄想をする』という行為からも分泌をされることが分かっているそうです。

こんな観点からも自分を責めることはなく今の脳の状態のせいかな?? と、考えることもできます。


ただ、ここで『あ~、そっかぁ』となって終わり…では

永遠にその日がやってこないといけませんので、何か対策をしておくと良いかとは思います☝️

そもそも、自分が意識をして動かしている身体の機能以外は、自律神経が司ってくれている訳ですから、自律神経を整えて自分にとって正常な状態に近づてあげることも方法の1つだと思います。


自律神経が乱れる原因は様々ですが、一番わかりやすいのはストレス

なので、なるべくストレスをためない生活を心がけること。

ただ、ノンストレスの生活なんてのは無理な話なので、毎日解消をすること。

そして、解消のためにもこれは本当におススメなのですが、『深呼吸をする』ということ。

深呼吸は自律神経を整えるにはとても効果的です。

そして、お金もかかりませんし時間もさほどいりません😃


就寝前、お昼休みなどタイミングを決めて必ず行うようにすることをおススメします。

また、生物の生殖本能的観点からいえば、気になる相手がいる時には恋をするわけですから、自分にとって正常な状態にしておくことで恋愛モードに移行できる状態をつくっておくのも良いことだと思います。


もちろん、深呼吸により自律神経が整うのは嬉しい効果を他にも及ぼしてくれますので、是非、実践をしてくださいね(^^)b

また、生物学的観点から言っても女性は、自分にとって一番優秀であるDNAを見極めることができるのです。

これは1995年にスイスのベルン大学で行われたTシャツ実験でも有名ですよね。

なので、自分のベストパートナーを見極めるために本能的な部分を正常稼働させておくのは必要です(^^)b

そのためには、先ほど言った自律神経を整えておくというのは有効的だとも思います。

本能のままに恋ができる!
素敵です♪


そんな人と出会えて情熱的な恋愛ができたらそれはもう、どんな形であっても女性にとって一生の宝物なのだと私は思います🎵

また、日々の生活に、恋愛に向けて働きかける何かを意識的に行うことで、自分の意識の中でも、『恋愛モード』へと切り替わるきっかけにもなると思います。

よく聞く言葉ではありますが、習慣は人生を変えます💗


なかなか恋愛が始められない…
そう思い悩む方…
ひょっとしたら、脳がなかなか、そのモードにならないだけかもしれません☝️

少し視点を変えてみて、脳を恋愛モードへ発動させられるようちょっと意識をして習慣を変えてみるのも良いですね😊

気合を入れてまで何かを行わなくても、こうした日々のちょっとしたことで変化が起きていくのならば、それに越したことは無いと思います。

女性も30歳以上になると『よーし!恋愛するぞぅ!!』と意気込むのもちょっと疲れてしまうところがある訳です。


無理矢理、そのモードにしなくても自然の流れで変化できるということが理想なのではないでしょうか。

今日は、恋愛をしたくない訳じゃないけれど…ちょっと縁遠くなった女性に贈る恋愛についてのブログでした(^^)/





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

皆さんに私、
美容プロデューサー
中村よりラブレターの届く
【メルマガ】がございます。
日々の美容や、心の綺麗に
お役に立つ情報を発信しております♪
こちらのホームページより
【メルマガ登録】してください(^^)
美容プロデューサー中村千夏のメルマガのご登録、詳細はこちら
5 - o0480026613816969017


LINE@では、
サンプルプレゼントやキャンペーン情報、お得情報をお届けしております(^^)
ご興味のある方は、ご登録ください。
LINE 友だち追加

コメント


認証コード3544

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional