ナリス化粧品 新潟 『SAKURA咲く』

好きな人は自分を映し出す鏡

好きな人は自分を映し出す鏡

こんばんは。

大人の愛の時間。
SAKURA舞う 〜midnight〜です。

久しぶりの投稿となってしまいましたが、金曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか?

4月。
新年度の始まり。

出会いの季節でもあります。

新しい出会いに期待で胸を膨らませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


画像の説明


春は恋の季節でもあります。

ここで、質問ですが、好きになる人はどんな人を好きになりますか?

過去に好きになった人を思い浮かべてみてください。

共通点などはありますか?

先日、娘にどんな人が好き?
と聞いたところ
『尊敬できる人』
と、私と全く同じ答えが返ってきて、少々驚きました。

それはさておき、自分自身がレベルアップをしていると、好きになる人もレベルが上がっているとは思いませんか?

『レベル』と聞くと、聞こえが悪い感じもしますが、私達は人生を歩む中で、経験を重ねてランクアップしていきます。

それは、誰かと比べて…なのではなく、過去の自分と比べてです。

経験を重ねることで、過去の自分を乗り越えて、人として成長をしていくものです。

そして、成長をしていくと、その自分に見合った相手を好きになるものです。

正確に言うと、通常、そうなっていくものですし、そうなった方が幸せになります。

そこに関係してくるのに『自分が居る位置』というのがあります。

例えば、少し噛み砕いて、分かりやすく説明をすると、春先などでよくあるのが、高校生が車の教習所の先生を好きになるパターンです。

一概に全てがそうとは言いませんが、車を運転できない自分にとって、車の運転ができる、そして、それを教えられる先生というのは、とても大人に見えて、自分ができないことを易々とやってのけるので、尊敬に値する人になります。

なので、高校生で車の教習所の若い先生を好きになる子は、周りに結構いたものです。

でも、自分がいざ免許を取得して、運転に慣れてくると、同じレベルに達するので、そんなに尊敬する位置でもなくなります。

自分が同じことをこなせるようになると、自分にできないことをできる点が魅力であったはずが、それが無くなってしまうんですね。

なぜ、好きになったのか分からない…
そう言った友人さえいました(^^;)

とっても噛み砕いての説明ですが、
これは、成長過程でも同じことが言えるもので、2人が同じ位置にいる場合は、まだ関係性は良いのですが、片方がその位置からどんどん成長をすることによって、『ズレ』というのが生じてきます。

価値観や考え方が変わっていくと言った方が分かりやすいかもしれません。

すると、その『ズレ』にお互いが合わせられなくなってきます。

芸能人などでも、よくありますよね?
あまり有名でない頃に結婚していた方とお別れをしてしまうパターン。
もちろん続いていくカップルもいますが、身を置く世界が変わると、考え方や価値観が変わっていくため、相手と『ズレ』が生じてきてしまうのも、当然と言われれば当然なのだと思います。

そして、その『ズレ』をどうしようもなく感じてしまう時、修正が困難な時、この場合、正直言って別れた方が、お互いのためになります。

とは言うのも、その『ズレ』に対して無理をして合わせようとするため、どちらかが辛い(とくにレベルが上の方の人)、または、どちらも辛い状態になってしまうからです。
辛い状態では、幸せになれません。

一番は、お互いが一緒に段階を踏んで成長をしていけることです。

それが、一番理想的ですよね。
お互いを尊敬しながら、お互いが成長していく。

そんな関係性を築きたいものです。

そして、フリーの方の場合、もし、過去に好きになった人とそんなに変わらない人を好きになっていたとしたら、もしかしたら、自分自身があまり成長できていない可能性があります。

その場合は、是非、お互いが一緒に成長していける人を見つけてくださいね。

いい意味でお互いに刺激し合って、成長をし、尊敬できる関係性が、長く続いて幸せに過ごしていけるパートナーなのだと思います。

過去に好きになった人はその時のあなたを映し出す鏡でもあります。

そして、今、どんな人を好きですか?

今好きな人は、今の自分を映す鏡です。

一緒に高め合っていける、成長を重ねていける。
そんな素敵な人生のパートナーを見つけてくださいね(^^)


今日の大人の愛の時間はここまで。

コメント


認証コード1209

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional