ナリス化粧品 新潟 『SAKURA咲く』

チョコレートとニキビの関係

チョコレートとニキビの関係

ブログへのご訪問ありがとうございます!

新潟を中心に女性を綺麗に、そしてもっともっと輝いて頂くための活動をしております美容ナビゲーター、SAKURA咲くの【中村 千夏】と申します♪

内面からも外側からもキラキラ美しくなれるSAKURA咲くであなたの美しさを最大限に引き出してみませんか?

美しさ咲き誇る【SAKURA咲く】のホームページはこちらです
↑↑↑
初めまして特典「最新コスメサンプル」プレゼントはこちらをクリック♪

こんにちは(^^)
美容プロデューサーの中村千夏です。
2月といえば、バレンタイン。

もう過ぎてしまいましたが、
チョコレート贈りましたか?

画像の説明


昨今、チョコレートにかける金額は、
本命に3000円
自分用に10000円

というデータ結果もあるとのことです。

自分用に10000円!
本命より多いのがすごいです(^_^;)


中村も、お客様からチョコレート頂きました〜(o^^o)
うれし〜〜い、バレンタイン❤︎

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明


伊勢丹で開催されていた
ショコラモードへも娘の要求で
ご一緒しました。

一年分のチョコレートにかける金額を
1日で使ったような気がします(^◇^;)

さて、チョコレートをたくさん食べると
出てくるお肌のトラブル

ニキビ

チョコレートを食べると
何故、ニキビができるのでしょうか?

そもそも、ニキビができる原因は、皮脂分泌ととても関係しています。

皮脂分泌が活発になると、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビになりやすい状態となります。

チョコレートには、たくさん脂質と糖質が含まれていますので、食べすぎることで皮脂分泌が活発になり、結果、ニキビとなるのです。

チョコレート=刺激物
というのはカカオではなく、
チョコレートに含まれる砂糖などの糖質やバターなどの脂質、そして添加物などが原因と言えるでしょう。

脂質と糖質を摂りすぎることによって、皮脂分泌が過剰になりニキビとなるのです。

チョコレートを食べてニキビにすぐなりやすい方は、もしかしたら、普段の食事でも、脂質や糖質をたくさん摂取している可能性があります。
食生活を見直すきっかけにすることも大事です。

コレステロール値も上昇するため、血行や水分の巡りも悪くなり、新陳代謝を低下させます。

更に、食べたくなるタイミングも、生理前やイライラしている時、疲れている時など、ちょうどニキビができやすい時期だったりもします。

そんなこんなで…

チョコレート=ニキビ
となるのです。

ただ、チョコレートにはご存知の通り、抗酸化作用、抗ストレス作用にも効果的なカカオポリフェノールが含まれています。

美容と健康にとても嬉しい効果をもたらしてくれるのです❤︎

ニキビが気になるけれど、
チョコレートも食べたい!
上手に取り入れる為には、糖質、脂質控えめのチョコレートがオススメです(^^)

最近は、70%、80%なども発売されていますので、そういうチョコレートを選ぶというのも1つですね(^^)b

食べ過ぎてしまった時は、皮脂分泌をコントロールしてくれるビタミンB2、B6などのビタミンBを補ってあげるようにしましょう!
つまり、緑黄色野菜をたっぷり摂ることがオススメです♪
バランスが大事なのです。

更に、角層のターンオーバーが滞ってしまいがちになり、皮脂と角栓が毛穴を塞いでニキビになりやすい状態ですので、ニキビが心配な場合は、角層ケアをすると良いです(^^)b

中村もチョコレートの食べ過ぎで、久しぶりにニキビが!
バレンタインニキビ

画像の説明

でも、大好きな方から頂いたチョコレート❤︎
心から感謝をしながら、味わって食べたいので我慢はしません(^^)

原因を分かりながら、対策していくことが大切なのです♪

美は1日にして成らず
我慢するばかりではなく上手に対策をしてチョコレートを楽しみましょう!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

みなさんに私、美容ナビゲーター【新潟美人♪製造請負人】の中村よりラブレターの届く【メルマガ】がございます。

日々の美容や、心の綺麗にお役に立つ情報を発信しております♪

こちらのホームページより【メルマガ登録】してください(^^)

新潟美人♪製造請負人SAKURA咲く/美容ナビゲーターの中村千夏のメルマガご登録はこちら

コメント


認証コード0131

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional