ナリス化粧品 新潟 『SAKURA咲く』

知らないと損!メイクブラシのお手入れ方法

知らないと損!メイクブラシのお手入れ方法

メイクの場合、『弘法筆を選ばず』は嘘!

科学繊維でできていないブラシの質も大事ですが、お手入れもとっても大事!

リス、馬、イタチなど、本物の動物の毛でできているものなら尚更です。

知らないと損!メイクブラシのお手入れ方法

こちらは、スタジオで使用しているブラシ類。

人の髪の毛同様、シャンプーで洗い、コンディショナーで整えます(^^)b

もちろん、お湯も熱すぎると筆を傷めますので、人肌ぐらいの36度ぐらいです。

シャンプーも人の毛と一緒で、肌によくない成分が満載のものは避け、お子様でも使用できるような、なるべく優しいものを使用しましょう。

そして、洗った後は、タオルの上に置いて、よく乾かしましょう。

道具って大事です。

洗っていないブラシ。
ファンデーションだらけのスポンジ。
おしろいまみれのパフでメイクをしていませんか?

スポンジは、どのくらいおきに洗っていますか?

メイクが美しく仕上がらないのはもちろんですが、ニキビの原因や雑菌繁殖によりお肌の常在菌のバランスが崩れ、肌トラブルの元になります。

メイクブラシは、一週間に一度は洗いましょう!
なかなか時間がなく洗えない場合は、二本準備をすると、どちらかを洗いに出せますのでおすすめです。

美しくなるには、周りのものも綺麗にしましょう(^^)b

美は1日にして成らず。
正しいブラシのお手入れで、メイクを美しく仕上げましょう!

コメント


認証コード7815

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional